ダイエットとリバウンドを繰り返す男性

あなたは一体今まで何度ダイエットをしたのですか!無理なダイエットとリバウンドを繰り返していませんか?体重が落ちたとしても以前の食生活に戻すとすぐに元通りです!ダイエットはその後が大切です。こちらでその方法やその後について説明しますよ!

ダイエットは継続することが大切

ダイエットは短期的に行って痩せても、継続しなかったら、すぐにリバウンドして元に戻ってしまいます。痩せたら終わりなのではなく、痩せたままでいたかったら、そのままダイエットは継続し続けなければなります。もちろん、体重を落とそうとしていた頃よりは、緩めのダイエットにしても構いません。しかし、体重が減らなくなっていた時の食事量は増やしてはいけません。ダイエット前の食事に完全に戻してしまったら、すぐに元に戻ってしまいます。体重が減らないということはそれが適正な食事量ということです。ダイエット前よりも格段に減ってしまっているかも知れませんが、それが通常の食事量なのです。体が小食になれてしまったので、小食を続けるしかないのです。以前と比べての小食を止める時はきません。死ぬまで、ダイエット中にそれ以上痩せなくなった食事量を続けなければ体型は維持できないのです。痩せ始めているが目標の体重になっていない場合は油断してはいけません。1週間頑張っても、数日暴飲暴食をすれば、すべての努力が水の泡になってしまいます。毎日痩せ続けようとしなければ、目標の体重にはなりません。また、毎日痩せようとしても、体の吸収力が上がるので、日増しに痩せにくくなる場合が多いです。目標の体重になっていないのに、痩せなくなってしまったからと言って、ダイエットを止めてはいけません。すぐにリバウンドしてしまいます。痩せにくくなってしまったら、さらに節食を進め、運動力を増やすべきです。もう以前のように簡単には痩せない状態になっていますから、かなり辛いですが、それでもやらなければ痩せられません。想像以上に食べる量が減ってしまうことも多いですが、それほど痩せなくなっているなら、それも適量なので心配することはありません。

健康的なダイエット方法とは?

見た目を良くするため、医者に勧められたからなど、ダイエットの理由は人それぞれです。痩せたい思いは一緒ですが、そのために体調を崩したり、病的に痩せたのでは意味がありません。いかに健康的に痩せられるかがダイエットの成否に大きく関わってきます。食べる量を極端に制限したり、何かだけを食べて痩せるというのはお勧めできません。必要な栄養素は摂りつつダイエットするのが理想です。そのためにはきちんと三食食べなければいけません。バランスのとれた食生活を送りつつ、脂肪を減らし、筋肉量を増やすことです。ダイエットに最適なのは有酸素運動です。ジョギングや水泳も良いですが、最もお手軽なのはウォーキングです。怪我のリスクも少ないですしお金もかけずにできます。腕をリズミカルに振って踵から下り、つま先で地面を蹴るように歩いてください。慣れないうちは30分位から、慣れたら1時間はいきたいところです。準備運動で身体をほぐし、温めてから行ってください。歩くだけと侮ってはいけません。健康的に痩せるためには、筋トレもお勧めです。筋肉の量を増やすことで、基礎代謝が上がり、同じ運動をしても消費するエネルギーは増えます。何もしなくても人はエネルギーを使っているので、太りにくく、痩せやすい体になります。それができたら、ダイエットを終えた後のリバウンドも最低限で済むというメリットもあります。間食も控えるに越したことはないですが、たまの息抜きも必要です。我慢して悶々とし過ぎるようなら、お気に入りのチョコをひとかけら食べるなどストレスを溜めないようにするのも健康的に痩せるコツです。ハードルが高く感じるかもしれませんが、痩せ始めると体重計に乗るのが楽しくなります。そうなればダイエットに対する姿勢が前向きに、積極的になります。相乗効果で痩せることができるので、そうなるまでの辛抱と思って最初に少し我慢できれば軌道に乗れます。

ダイエットに成功した後の食生活や運動

痩せるための努力をし、狙い通り痩せる。これでダイエットは終わりではありません。痩せた体重、体型を長くキープしてこそダイエットは真の成功と言えます。テレビに出ている有名人が痩せて、ダイエットのハウツー本を出し、売れたらまた太る、という流れをよく目にしますが、これに辟易している人も多いでしょう。痩せたら、痩せたままでいるための努力が必要です。ダイエットをして痩せても、一番痩せた状態を維持するのは難しいです。どんな痩せ方をしても、リバウンドというものが存在します。食事制限や運動をストップする以上、体に起きる変化としてはしょうがない部分はありますが、それを最小限にとどめ、キープするにはやはり、最低限の節制は必要です。節制と言っても、ダイエットをしていた頃程追い込む必要はなく、あくまでも太らないためのものなので、質も量も大幅に軽減できます。毎日していた運動を数日に減らしたり、筋トレも思い出した時にする、くらいの余裕があった方が長続きします。間食にもそこまで気を使うことはなく、好きなものを食べることもできます。大事なのはメリハリです。週に一度お楽しみの日を作り、それ以外の日は我慢、もしくは量を限りなく少なくするなどの工夫をすれば、そこまで苦しくもないでしょう。一つ、続けた方が良いことがあります。それは、毎日体重計に乗ることです。体重に気をつけ、増えてきたら要注意です。ここまで、という目安を自分で決めておいて、それを超えたら運動量を増やし、食事にも気を使い、目安まで戻すという具合です。これを繰り返せば、一気に太ることはありません。日々少しだけ気をつけることで体重の増加を防ぐことができます。お風呂に入る前に裸の自分を見るのもお勧めです。無駄な贅肉がつけば敏感に感じ取ることができるはずです。